So-net無料ブログ作成
文化・芸能 ブログトップ

彼がゴッホ。 [文化・芸能]


先日、TNCの土曜日の番組、CUBEで
ゴッホ展の中継に行ってきました。

この日のために
分厚い解説本1冊読んだので・・・(笑)
ちょっと皆さんにもご紹介しておこうかと。




ゴッホはオランダ生まれの画家さん。


こんな方。


ごっほ.JPG


27歳で、「よし!絵を描こう」って思い立って
絵を描き始めます。
完全なる素人からのスタート。

弟のテオが画商だったり
おじさんが画家だったりしたので、
絵画自体は身近だったようなのですが。


絵画に関するいろんな本を読んだり、有名な画家さんの絵を見たりして
独学で勉強。
どうも人付き合いはとっても下手で
誰かの元で学ぶ、っていうことが
できなかったみたい。
だから始めはほんとに
素人みたいな絵。


ただほかの仕事は何やっても
長続きしなかったのに、
絵だけは描き続けた。



人と向き合えば
ぶつかるような激しい人だったそうだけど、
たくさんの画家を尊敬し、その絵の素晴らしさを認め
自分の絵に吸収し

そして独自のあの描き方を築き上げていった人です。


命がほとばしるような色を重ねて
点ではなく線で描く
唯一無二の絵描きとなっていった。



絵描き人生はわずかに10年。

最後は自ら命を絶って亡くなってしまうのだけど。



ゴッホが生きている間に
売れた絵というのはたったの1枚だったというけれど
彼の絵が「特別」だということに
気付いていた人たちもいた。


弟のテオもその1人。


ゴッホが実際に寝ていた部屋を描いた
「アルルの寝室」という絵があるのだけど、
これは実は世の中に3枚あるのです。

全て本物。


アルルの寝室の絵が
水害で傷みかけていたのを見たテオが
同じものを描いておけと進言したことから
生まれたものです。



ゴッホがもし長生きしてたら・・・?


多分もっと全然違う画家人生になっていたに違いない、
と思うのです。
自身の絵の価値を存分に
自身で感じることができたし、
ずっとお金を送り続けてくれた
弟のテオにも恩返しできたかもしれない。



でも彼が生きた37年間が
彼の物語であり
その全てがさらに
彼の描いた絵を力強いものに
しているのであります。



ちなみに弟のテオは
兄のフィンセント・ファン・ゴッホが
亡くなったことにショックを受け
(と資料にはあるのだが)
半年後に病気によって
亡くなっているんですよね。


ゴッホは弟にいっつも迷惑をかけて
申し訳ない、って思ってたみたいだけど、
実際テオももしかしたら時に
疎ましく思ったこともあったかもしれないけど
深く深く理解しあい、
共になくてはならない存在だったのだろうなと。



まあどのエピソードをとっても
なんとも壮絶であります。



と、
このくらいゴッホを知っておけば
ゴッホ展をかなり楽しむことが
できると思います[ぴかぴか(新しい)]


ちなみに私は
最後の「アイリス」を見て
心拍数が上がりました。

だってキャンバスの目の前に
ゴッホが座って
筆を入れてるような錯覚に
襲われたんですもの・・・。

「生きてる」

って思いました。




しばらくはゴッホマニア状態です(笑)


九州国立博物館にて、
2月13日まで開催中!!!




そういやわたし、
ゴッホと同じ誕生日です(笑)








nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんな演劇見たことない!! [文化・芸能]



ぎんぎら①.jpg



この写真は一体どういうことなのか。




ぎんぎら②.jpg




なんと!!!!

彼らはかぶりものをしている!!!



この格好で

舞台に立つ、「ぎんぎら太陽’s」の皆さん[るんるん]


福岡ではいまや
名物となっているのではないでしょうか。

かぶりもの劇団。


福岡のとってもローカルな歴史を
きちんとした取材に基づいて
かぶりものによって再現する。


しかもね、
演技もストーリーも構成も素晴らしいの!!


笑いあり
そしてボロボロ泣けちゃう。



きょう念願の公演を見に行ってきました~☆


これは私の中で
今村ねずみさんのCONVOY SHOW
以来の衝撃です。


リピーターになるの請け合いです。


ちなみにきょうの内容は
「いとうづゆうえん」と「かしいかえん」と「だざいふえん」の
3兄弟の物語。


ね、



福岡の人にしか分からないでしょ(笑)







nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ONE☆DRAFT [文化・芸能]

ONE☆DRAFT


日テレの友人が来た時に
聞かせてくれた
ONE☆DRAFTの「雨」にグッときて。

CDまで送って頂いて
いまひたすら聞いてます[るんるん]


ワンドラフト.jpg


ちょっと懐かしい感じがするのは
何でかなあ。

皆さんもよかったら
聞いてみてね☆


「情熱」という曲は
去年の日テレのプロ野球中継の
テーマソングにもなったんですよ[グッド(上向き矢印)]





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

変身!!! [文化・芸能]



ある朝 目が覚めたら
彼は虫になっていた・・・


ってとこから始まる、
衝撃的かつ悪夢のような
フランツ・カフカの小説
「変身」。


森山未來さん主演の舞台、
「変身」を
見に行ってきました。


手足がとっても長い彼。

そして思うまま
体の隅々まで自在に動く

大きく、緩やかに
時に実際虫のように。



言葉だけでなく
ここまで演じる人の体の動きが
意味を持つ舞台を
私は初めてみました。



弱冠25歳。
恐るべき才能です。


変身!.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

舞台が呼ぶ [文化・芸能]


舞台を見に行きました。
「冬の絵空」


キャストは、中越典子さん。
テレビで見ていてなんて美しい人だと
思っていたけれど、
舞台では加えて演技が素晴らしかった。
天は二物を与えるんだと。

さらには
あのイケメン俳優の藤木直人さんも登場。
舞台の上でもキレイ目の役なのだが、
舞台の藤木さんはとても新鮮で、
線が細いのに存在感がある。
幅の広さを改めて感じました。


そして、生瀬勝久さんや
松尾貴史さんなど
個性的な俳優さんたちが出演です。


舞台って、1回1回の公演が命がけって気がしました。

だって、例えばちょっとでも俳優さんが
言葉につまったり間違えたりしたら、
会場は一気に興ざめします。
やり直しがきかない、
一発勝負。
舞台は会場までも巻き込んだ
世界の創造です。

舞台を見るチャンスを与えてくれた
上司に感謝。



ちなみにいまとっても見たいのは、
地元の歴史を着ぐるみで語る劇団、「ギンギラ太陽’s」の
公演です☆
(これ、冗談みたいですがほんとにおもしろいらしい。)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

落語家の落語とバンド? [文化・芸能]


落語を聞きに行ってきました☆

第2回「博多・天神落語まつり」。

落語をほとんど知らない人でも名前くらいは聞いたことがある、
そうそうたるメンバーがそろい踏みです。

一部を挙げてみると、
桂三枝さんとか、笑福亭鶴瓶さんとか、桂文珍さんとか、春風亭小朝さんとか、
三遊亭楽太郎さんとか、林家木久扇さんとか。

ね、すごいでしょ。


子どものころ、父のカセットを聞いて
落語に触れて、その魅力は多少は分かっていたつもりでしたが、

いやあ。

実際に聞くと、

そして大人になって聞くと、

落語って、面白いなあ。

1人何役、その表情や声色の使い分け、
そして扇子を箸と見立てて食べるシーンなんかは、
おいしそうすぎて、唾をゴックンと飲み込んでしまうほど
本当に食べてる錯角にまで陥ってしまう。

そして絶妙な、間と、オチ。

落語って勉強になる~[ぴかぴか(新しい)]

さらにきょうは落語だけでなく、
なんと落語家たちによるバンド
演奏とトークの融合という、贅沢な経験までできたのです[るんるん]


申し訳ないことに、正直言ってバンドは
あまり上手ではありません(笑)

それをしっかりとカバーしているのが、
合間のトークですねえ。

バンドでトランペットを吹いて
ヘロヘロになってたけど、
トークがすっごく面白かった
三遊亭 小遊三(こゆうざ)さん、すっかりファンになっちゃっいました☆


こんな夢の企画が実現してしまう福岡って、スゴイ・・・。


今回が第2回目というこの落語まつり、
秋の博多の風物詩として定着しそうな予感です[グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

男のロマン? [文化・芸能]


福岡市で開かれている、
「吉村作治の新発見!エジプト展」
行ってきました☆

1933734


世界初公開!
完全未盗掘の、夫婦&親子ミイラの木棺、人型棺が展示されているのです!

宮崎にいたとき、
吉村先生には、ニュース情報番組、「土アップ」に出演して頂いて、
いろんなお話を伺ったことがあります。

セヌウの青いミイラマスク。
発掘の謎、
そして壮大なロマン。

あの美しき青のミイラマスクは
それはそれは魅せられる大変貴重なものでしたが、
今回の展示は、また違った世界が作られていて、
3000年もの昔に想いを馳せながら
じっくりと堪能してきました☆


きっと、夢を掘る途方もない旅は、男のロマン・・・

逆に、形あるものにひどく共感して
時代を思うのは、
女のロマン、なのかも・・・・・・???


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山笠だ!! [文化・芸能]

午前4時59分。
まだあたりは日の出前で、暗い。

お櫛田さんの荘厳な雰囲気のもと、
集められた照明の中に照らされる。
男衆の、究極に張り詰めた
仁王を思わせるカオ、かお。

「3・2・1 ヤー!!!!」

重さ1トンの山笠をかく
選ばれた男たち。

見ているだけで、グッとくる。


朝のニュースもきょうはもちろん山笠でした☆
山笠スタートからわずか1時間の間に、
ちゃんとスタッフの皆さんは間に合わせてくれました[かわいい]
スタッフが会社に戻ってきた時は・・・
なんだかちょっと微妙なテンションになってました(笑)

普通に仕事なのに、
「寝ずに山笠見てきた」って人も、何人か。


今回わたしに山笠の魅力について教えてくれたのは、
福岡にいる友人、ヨネコちゃん。
たぶんヨネコに多くを聞いてなければ、
そこまで熱いものだとも分からず、そこまで関心もなかったかもしれません。

頂いたブログのメッセージにもあったけど、
「山笠について熱く語る人がいる」

それが博多の男の芯として息づいて、
山笠の魂、男の魂を、
750年以上続く歴史として
当たり前のように繋いできたのだと思う。

こんなに一家で熱くなれることがあれば、
悪い人は育たない、って気がする(笑)

さて、来年は、本番をこの目で見ることができるかな☆☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さちこさんの魅力 [文化・芸能]

第1回目のブログで紹介した、
小林幸子さんの博多座公演!!

宮崎時代の同期が来ていたので、
一緒に行ってきました☆☆

さちこさんはなんと、デビュー45周年なんですって!!
45年!!??
生誕・・・!?ではありません、デビュー、です!!

思わず、めまぐるしく頭の中で計算しちゃいます。

弱冠10歳でデビューされたそうですよ☆

・・・ってことは・・・
ご本人曰く

「単純計算ですよね、10+45・・・ってことは・・・

  35歳[ぴかぴか(新しい)]ウフッ[るんるん]

もう、素晴らしく、かわいらしいんです!!

圧巻は、2007年の紅白歌合戦で着た衣装!
もう目の前で見ると、言葉を失うくらい、すごい。
これは圧倒的なパフォーマンス!!

それにしても、さすがだなあと思ったのは、
どれだけ派手な衣装を着ても、
まったくご本人が負けていない、ってこと。

普通、フツ~の人だったら、
衣装に全て持ってかれてしまいますよ。


私の全然知らなかった
小林幸子さんの世界を知ることができた
貴重な1日となりました☆

あの2曲目のバラード、好きだったなあ・・・
なんて曲名なんだろう・・・??

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
文化・芸能 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。