So-net無料ブログ作成

生きるチャンスがあるなら。 [お仕事(取材)]



「あなたの子どもには、
生きるチャンスがある」



あるお母さんが、
ほかのお母さんに言われた言葉です。




重い心臓病を患い、
心臓移植しか助かる見込みの無い
あさって2歳を迎える、麻生修希ちゃん。



今年7月に臓器移植法が改正されたものの
まだ日本では子どもの臓器移植の例はなく、
アメリカに行かなければ
移植できないのが現実です。



アメリカでの心臓移植にかかる費用、
およそ1億5千万円。



きょう、有志で作る「救う会」の皆さんが
会見を開き、
修ちゃんのための募金を呼びかけました。




生まれながらにして
病気と闘い、
小さな体で2度の大きな手術を乗り越え
懸命に生きている修ちゃん。




そばでずっと一緒に闘ってきた
ご両親。


お母さんはこんな話をしてくれました。


「神様から与えられた命を全うすればいいのではないかと
一度は思った。

でも

同じ心臓病で
天国に行ってしまった子どもの母親から言われたんです


あなたの子どもには
まだ生きるチャンスがある  」





募金活動は
きっと並大抵の大変さではないと思います。




でもきょうの会見には
自分の家族のように
麻生家を想うたくさんの仲間たちがいて。



1人ではほんとに非力だけど
人って集まれば
誰かを救うことができるんだって


改めて感じさせてもらいました。





生きるチャンスがあるから。



まだ闘えるのだと。




期間は短く
来年1月には渡米予定とのこと。






移植②.jpg


修ちゃんを救う会
092-672-4107








nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 4

vientre-dolor

私は昔、医師に死の宣告をされたのですが、
そこで始めて強く生きたいと実感しました!!
生きている限り、全てがチャンスなんですよね。^^
修ちゃんに幸運を・・・
by vientre-dolor (2010-10-26 01:05) 

p-can♪

 些少ながら協力させていただきましたm(_"_)m♪♪♪
 
by p-can♪ (2010-10-26 14:05) 

kko

vientre-dolorさま

 なんと、大変な経験をされたのですね!!
 それが「昔」になっているということは
 身を持って奇跡を感じられたのでしょうか。
 vientre-dolorさまにも
 更なる幸運をお祈り致します!!
by kko (2010-10-29 00:47) 

kko

p-can♪さま

 じんとしました。
 私からもありがとうございます。
 
by kko (2010-10-29 00:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。